お知らせ


2022年7月5日
【7/12開催】健康食品開発・販売促進セミナー開催のお知らせ

「with コロナ時代のウェルネスとOKINAWA型健康食品」をテーマに沖縄の魅力を生かしたウェルネス商品開発等について荒川雅志先生に特別講演頂きます。
また、WELLNESS OKINAWA JAPAN認証制度のメリットやWOJ認証・機能性表示に使える素材・成分の紹介も行います。
是非ご聴講下さい。

【日 程】
 令和4年7月12日(火) 14:00~16:00

【内 容】
 ●特別講演
 沖縄の魅力を生かす! withコロナ時代のウェルネスとSDGs
 琉球大学 国際地域創造学部 ウェルネス研究分野教授/博士(医学) 荒川雅志先生

 ●Topic1
 第三者のお墨付きで信頼度を高める! WELLNESS OKINAWA JAPAN認証制度のメリット
 (一社)沖縄県健康産業協議会専門コーディネーター/NR・サプリメントアドバイザー 照屋隆司

 ●Topic2
 科学的根拠に基づいた商品開発を支援! WOJ認証、機能性表示に使える素材・成分の紹介
 (一社)トロピカルテクノプラス 営業企画部主任/博士(薬学)/機能性表示食品届出指導員 廣瀬美奈

【対象者】
 県内健康食品・食品の取扱事業者
 健食素材を活用した商品開発を検討している事業者

【開催方法】
 オンラインセミナー/Zoomのウェビナーを使用(受講料 無料)

【申込締切】
 令和4年7月11日(月)17:00

【申込方法】
 下記URL(Googleフォーム)よりお申し込みください。
  https://forms.gle/5QRwoRr2bGUpZKYw7

 






2022年6月13日
【6月13日受付開始】「令和4年度うるま市経営多角化支援事業について」

経営多角化支援補助金(公募期間:令和4年6月13日(月)~7月8日(金))

【事業目的】
 新型コロナウイルス感染症の発生に伴う環境の変化に起因して、当面の需要や売上の回復が期待し難い中、ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するために、商品開発や新規販路開拓などを目標とした経営多角化を目指すことを、専門的な知識や技術により支援することを目的とします。

【補助対象事業者】
 以下のすべての項目に該当する方が対象です。
①うるま市内に事務所または事業所を有するもの
(うるま市内に事業所登録、営業届等の手続きがすんでいるもの)
②補助対象事業の終了後も1年以上うるま市内で継続的な事業を営むもの
③国税、県税、市税の滞納がないもの
④事業完了後においても、市が行う同事業の効果検証等の追跡調査に協力をするもの
 ※事業完了から5か年間、年に1回程度の効果検証調査等を行います。
⑤その他市長が認めるもの

【補助対象事業】
 以下のすべての項目を満たす事業が対象です。
①経営の多角化を図るために新商品開発、新サービスの開始、販路拡大、生産性の向上に
 取り組む事業
②感染症と共存する生活様式に即した消費形態の普及、定着などに向けて取り組む事業
③同一の内容で重複して国、県、市等の補助金の交付を受けない事業

【補助対象期間】
  交付決定日~令和5年1月31日(火)まで

【補助額及び補助対象経費】
  ・補助額の上限:100万円(対象事業1件当たり)
  ・補助率:8/10以内 ※自己負担2割

【公募期間】
  令和4年6月13日(月)~令和4年7月8日(金)17時まで

【申請期限】
  令和4年7月8日(金) 17時必着

【事前相談、問い合せ及び申請窓口について】
  経営多角化支援事業事務局(一般社団法人トロピカルテクノプラス)
  〒904-2234 うるま市字州崎12-75
  沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センター内
  TEL:(098)982-1100 / FAX:(098)982-1101
  E-mail:u-takakuka4@ttc.co.jp

※実施要領等、詳細はうるま市役所HPにてご確認下さい。

http://ttp-okinawa.sakura.ne.jp/admindir/wp-content/uploads/2022/06/r4_uruma-takakuka.pdf令和4年度うるま市経営多角化支援事業






2021年12月15日
【1/19開催】「沖縄県の健康長寿復興に向けた疾患ゲノム研究」シンポジウムのご案内

本シンポジウムはオンライン開催のみへ変更となりました

島嶼県である沖縄独特の遺伝・環境背景に基づき、沖縄県民を対象とした大規模なゲノムコホートを立ち上げるとともに、 ゲノム解析研究の基盤となる資源バンク構築及び予防と予後改善システムの構築、 さらには、これらの成果に基づいた次世代精密医療の事業化の準備を目的に沖縄県の健康長寿復興に向けた疾患ゲノム研究が進められております。
その一環として、下記の通りシンポジウムを開催することとなりました。
本シンポジウムでは国立研究開発法人理化学研究所生命医科学研究センターセンター長の山本一彦先生を招聘し、「免疫疾患におけるゲノム解析とゲノム機能解析」と題し特別講演を賜ると共に、研究者による研究報告を行います。 
多くの皆様のご参加をお待ちしております。 


日 時 :2022年1月19日(水) 15:00~17:00
開催方法:Zoomウェビナーによるオンライン配信
     ※オンライン開催のみへ変更となりました。

参 加 費:無料

内 容 :
   ●特別講演
             免疫疾患におけるゲノム解析とゲノム機能解析
             国立研究開発法人理化学研究所生命医科学研究センター センター長 山本一彦先生
   ●研究報告

参加申込:

https://forms.office.com/r/1Nn5pf2f91

お問合せ先:一般社団法人トロピカルテクノプラス(担当:安座間・伊保・伊計)
      E-mail:genome@ttc.co.jp TEL : 098-982-1100

詳細は添付のチラシをご確認ください。
 




2021年12月13日
【12/8受付開始】うるま市事業所改装等支援事業の受付開始のお知らせ


新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、緊急事態宣言等の影響を受ける
市内中小・小規模事業者が、コロナ禍においても安定的に営業を継続できることを目的に行う
店舗及び移動販売車両等に係る改装工事、備品整備、テイクアウト容器、消毒液等に対して、
その費用を補助いたします!!

対象者
次に掲げるすべてに該当するものといたします。
1.本市に事業所を有し、事業を営むもの
2.補助金交付後においても1年以上うるま市内で継続的な事業を営むもの
3.市税の滞納がないもの
※医療・福祉(療術業を除く。)及び農業、漁業は補助対象外とする。

     
申請受付期間 ※原則郵送(当日消印有効)
1.店舗改装事業補助金
令和3年12月8日(水)~令和4年1月21日(金)

2.備品整備事業補助金
令和3年12月8日(水)~令和4年1月21日(金)

3.消耗品購入事業補助金
令和3年12月8日(水)~令和4年2月4日(金)

      
申請方法
1.申請方法:各補助金の要領・申請の手引きをご確認の上、
申請書および必要書類を下記申請先へ郵送してください。      

2.申請先:事業所改装等支援事業事務局
      (一般社団法人トロピカルテクノプラス)
      〒904-2234 沖縄県うるま市字州崎12-75 
      沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センター内
      
補助率および補助額 ※消費税は補助の対象となりません。
1.店舗改装事業
補助対象となる工事費の10分の8以内の額とし、上限30万円とします。

2.備品整備事業
補助対象となる備品購入費の10分の8以内の額とし、上限20万円とします。

3.消耗品購入事業
※すでに購入されたもので、2万5千円以上の経費が対象となります。
補助対象となる消耗品購入費に対して、一律2万円とする。

※交付実施要領等、詳細はうるま市役所HPにてご確認下さい。
  https://www.city.uruma.lg.jp/sangyou/149/13437/24018





2021年12月1日
【12/3開催】企業支援セミナーのご案内


国の次年度補助事業のご紹介をはじめ、金融機関の支援事業やうるま市で取組んでいる支援策等についてご紹介いたします。

【日 時】2021年12月3日(金) 14:00~15:30
     14:00~14:30 経済産業省の次年度事業について
     14:30~14:40 みらいおきなわの事業について
     14:40~15:10 おきぎんBig Advanceについて
     15:10~15:30 うるま市商工会の支援について

【主 催】沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センター、
     沖縄バイオ産業振興センター、中城湾新港地区協議会 合同開催

【参加費】無料

【対 象】国や市、金融機関の支援制度を活用したいうるま市立地企業・機関の方

【開催方法】Zoomウェビナー

【申込方法】下記のフォームからお申し込みください。
申込みされた方へウェビナーURLをご案内いたします。
      ※ 申込み〆切 12月2日 17:00

【申込フォームURL】   https://forms.office.com/r/kBuZQU8T4L

 






2021年11月12日
【11/10公募開始】うるま市経営多角化支援事業の公募開始のお知らせ(終了しました)

「令和3年度うるま市経営多角化支援事業について」

経営多角化支援補助金(公募期間:令和3年11月10日(水)~11月30日(水))
●事業目的
新型コロナウイルス感染症の発生に伴う働き方や生活の変化による新たな需要へ積極的に対応するため、
新商品開発や新たなサービスの開始など経営の多角化に取り組む市内事業者を支援することにより、
企業体力の回復、地域経済の立て直し及び感染症に強い地域経済を構築することを目的とします。

●補助対象事業者 以下のすべての項目に該当する方が対象です。
①うるま市内に事務所または事業所を有するもの
②補助対象事業の終了後も1年以上うるま市内で継続的な事業を営むもの
③国税、県税、市税の滞納がないもの
④その他市長が認めるもの

●補助対象事業 以下のすべての項目を満たす事業が対象です。
①経営の多角化を図るために新商品開発、新サービスの開始、販路拡大、生産性の向上に取り組む事業
②感染症と共存する生活様式に即した消費形態の普及、定着などに向けて取り組む事業
③同一の内容で重複して国、県、市等の補助金の交付を受けない事業

想定される事業(例)としては・・・
・自社製品のレトルト化等に係る商品開発費
 (開発費及び成分分析費、パッケージ作成のための外注費の活用等)
・居酒屋等において、販路拡大のためのクラフトビール開発事業
 (機械装置等購入費の活用、製造委託費等)
・店舗のみの販売から自動販売機での販売をするための販売機購入費
 (機械装置等購入費の活用等)

●補助対象期間
交付決定日~令和4年2月28日(月)まで
上記期間内に支払った経費を補助の対象とし、令和4年2月28日までの契約等に基づく納品、
支払いを含めてすべてが完了している必要があります。

●補助額及び補助対象経費について
・補助額の上限:100万円(対象事業1件当たり)
・補助率:10/10以内
・対象となる経費:別添「募集要領」を参照ください

公募について

●公募期間
令和3年11月10日(水)~令和3年11月30日(火)17時まで

●申請期限
令和3年11月30日(水) 17時必着

●申請方法及び申請書類について
別添「実施要領」及び「募集要領」をご確認ください。

●事前相談について
以下の機関において、事前相談を実施しております。事業内容のご相談や提出書類の確認を行いますので、
申請を検討されている方はご利用ください。問い合わせ先は、以下に記載するとおりです。
令和3年11月10日(水)~11月24日(水)

●事前相談、問い合せ及び申請窓口について
経営多角化支援事業事務局(一般社団法人トロピカルテクノプラス)
〒904-2234 うるま市字州崎12-75
沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センター内
TEL:(098)982-1100 / FAX:(098)982-1101
E-mail:u-takakuka@ttc.co.jp

※実施要領等、詳細はうるま市役所HPにてご確認下さい。
https://www.city.uruma.lg.jp/kurashi/120/18389/18657/19640


 






2021年10月20日
【10/23~24】「第45回沖縄の産業まつり」(オンライン開催)へ出展いたします

令和3年10月23日(土)~10月24日(日)、「第45回沖縄の産業まつり」がオンライン開催されます。

沖縄バイオ産業振興センターは、同サイト内の「産業まつり de 学ぶ」にある「産学官イノベーション創出展」にて、センターの紹介を行っています。
下記URLよりご来場をお待ちしております。

 ~第45回沖縄の産業まつりポータルサイトトップページ~
 


  ~産学官イノベーション創出展のページへ~

  ~沖縄バイオ産業振興センター入居企業のご紹介~


 ~入居企業関連商品の紹介~

  *日新製糖株式会社
   【オーラルケアができる環状オリゴ糖「サイクロデキストラン」】


  *阪神化成工業株式会社
   【細胞培養を効率化する「グラデーションシャーレ」】


  *株式会社沖縄エージングカンパニー
   【~やわらかい・ジューシー・熟成香~の3拍子揃った「おきなわブランド超熟成牛」】


  *琉球ボーテ株式会社
   【日焼けを防ぐ化粧水 琉球大学発「サンラバー」】
  
【マスクの肌荒れを防ぐミストローション・大宜味村シークヮーサーの香り「スキンラバー」】
  
【シークヮーサー種子オキナワヘアオイル、ツヤ、ハリ、コシを与える「オホ」】






2021年10月7日
【10/27開催】医療機器開発ノウハウ取得セミナーのご案内

 社会活動において、新型コロナの影響も長く続き、今年度は、各企業には思い切った事業再構築を検討する為の事業再構築補助金も始まりました。
よって、本セミナーは、沖縄県内また国内製造業や他企業において、医療機器、ヘルスケア市場参入も選択肢となるようノウハウセミナーの実施の開催に至りました。
市場の魅力、品質管理システムに従った開発から製造、上市までのノウハウを知りたい方、必見です。

【日  時】 2021年10月27日(水) 14:00~16:00

【開催方法】 ZoomによるLive配信

【受講対象】 ものづくり企業、医療機器開発従事者、アカデミア、医療従事者
       ご興味のある方はどなたでも参加いただけます。

【募集定員】 20人(定員に達し次第申し込み締切とさせていただきます)

【参 加 費】 無料

【プログラム】添付のパンフレットにてご確認をお願いいたします

【申込締切り】2021年10月22日(金)まで(先着順)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
セミナーへの問い合わせは下記アドレスへお問い合わせ下さい。
md-okinawa@ttc.co.jp
一般社団法人トロピカルテクノプラス
担当:安座間、伊計、前川、伊保


 






2021年9月28日
【中級コース開講】バイオインフォマティクス人材育成講座のお知らせ

健康・医療産業における情報技術活用促進事業受託コンソーシアム(沖縄工業高等専門学校、
トロピカルテクノプラス)では、沖縄県から委託を受けて、ゲノム情報や健康医療情報などのバイオデータを活用するために必要な知識を習得することができるバイオインフォマティクス人材育成講座を開講します。

今年度は、バイオインフォマティクスの基礎から応用までを理解し、単なるツールとしての技術の習得だけではなく、膨大な情報から新たな仮説を導くための論理を習得することを目指し、習熟度に応じた初級コースと中級コースの2つのコースを設けました。
 初級コースではデータサイエンス、生命科学、情報科学の基礎から学びたい方を対象とし、中級コースでは基礎的内容を理解された方を対象にステップアップした講義となります。

第1回は特別講義として、国立成育医療研究センターの要 匡 先生をお迎えし、バイオインフォマティクスの重要性と最新の研究成果についてご紹介します。

中級コース 第1回 バイオインフォマティクス人材育成講座
科目:特別講義
講師:要 匡 先生(国立成育医療研究センター ゲノム医療研究部 部長)
講義内容:診断のつかない希少・難病の網羅的遺伝子解析におけるバイオインフォマティクス
     ~未診断疾患イニシアチブ(IRUD)の実際を中心として~

概要:国家プロジェクト「未診断疾患イニシアチブ(IRUD)」を中心に、その経緯、目的、網羅的遺伝子解析の実際と実績をご紹介し、ゲノム解析におけるインフォマティクスの重要性、現在の問題点と展望についてお話頂きます。

Zoomによるオンラインとオンデマンド配信ですので、ご自身の都合に合わせて受講できます。
受講には事前登録が必要になりますので、下記の申込先からお申し込みください。
●開講期間:【中級コース】 2021年9月25日~2022年2月19日
              毎週土曜日 10:00~12:00
 ※初級コース講座は終了しておりますが、オンデマンド配信を継続しております。
  希望者は下記のお申込みフォームよりご登録ください。

●配信方法:Zoomによるオンラインセミナー
     (ライブ配信とオンデマンド方式のハイブリッド)
●対  象:沖縄県内の企業・教育機関・研究機関・自治体等にお勤めの方、沖縄県内の学生
      ※実習については、新型コロナウイルスの状況を加味し、
       対面開催とするか定員数を含め改めてご案内いたします。
●費  用: 無料(Zoomの視聴環境はご自身でご用意ください)

【申込先・詳細はこちら】
 下記URLの「お申込みフォーム」にご記入の上、ご返信ください。
https://forms.office.com/r/kHCf5vYsvx


【お問い合わせ】
健康・医療産業における情報技術活用促進事業受託コンソーシアム
一般社団法人トロピカルテクノプラス(担当: 高良、吉野)
TEL:098-982-1100 Mail:bioinfo8731@ttc.co.jp

【中級コース開講】バイオインフォマティクス人材育成講座のパンフレットはこちら↓

 






2021年6月16日
【7/2開催】沖縄独自の健康食品認証制度 (WOJ) と沖縄健康素材の機能性情報オンラインセミナー(終了しました)

沖縄独自の健康食品認証制度「WELLNESS OKINAWA JAPAN (WOJ) 認証制度」の概要や
メリット、沖縄の健康食品素材の最新のエビデンス、コロナ禍における健康食品の市場等、
情報満載な内容でオンラインセミナーが開催されます。
※お申込み、お問い合わせは、(公財)沖縄県産業振興公社までお願いいたします。

◆日時:2021年7月2日(金) 14:00~16:30
◆定員:50名(オンラインセミナー/Zoomのウェビナーを使用)
◆受講料:無料
◆申込:
https://forms.gle/h5UAsRPsXDi7hP2E9
◆申込締切:2021年7月1日(木)

◆お問い合わせ先
 公益財団法人沖縄県産業振興公社
 経営支援部事業支援課 健康食品ブランド化推進強化事業
 担当:金城、富川
 TEL:098-859-6236

詳細はこちらをクリック↓↓↓

 






2021年5月24日
新型コロナウイルス感染拡大防止における対応について

2021年5月23日、沖縄県全域に緊急事態宣言が発令されました。

今後とも、持続的な感染予防対策を行って参りますので、ご利用者の皆様のご協力、ご理解をよろしくお願いいたします。


沖縄バイオ産業振興センター 感染症拡大予防ガイドライン
【当センターでの取り組み】

  1.清掃・消毒
   ● センター正面玄関入口等にアルコール手指消毒液を設置
   ●共用部や会議室のテーブル・椅子・ドアノブ・照明スイッチ・窓の取手、階段の手すり、
    エレベーターボタン等をアルコール消毒液で清掃

  2.トイレの利用について
   ●各トイレに水石鹸を設置
   ● トイレの蓋を閉めて汚物を流すよう掲示

  3.会議室等の利用について
   ●利用後は、テーブル・椅子等をアルコール消毒液で清掃し、入口ドアや窓を開け換気
   ● 3密を回避するため、会議テーブル、椅子のレイアウトを変更

  4.センタースタッフ・来客対応について
   ● スタッフの体温・体調確認
   ● スタッフのマスク着用
   ● スタッフの手指消毒徹底

また、沖縄県対処方針に基づき、県外からの来訪者につきましては、
本県入域前にPCR検査・抗体検査による陰性判定を受けて頂くか、
那覇空港到着時にPCR検査を受検されるようにお願いいたします。
利用者様のご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/chijiko/koho/corona/210521.html





2021年5月11日
【5/29開講】バイオインフォマティクス人材育成講座のお知らせ(終了しました)


健康・医療産業における情報技術活用促進事業受託コンソーシアム(沖縄工業高等専門学校、
トロピカルテクノプラス)では、沖縄県から委託を受けて、
ゲノム情報や健康医療情報などのバイオデータを活用するために必要な知識を習得することができる
バイオインフォマティクス人材育成講座を開講します。

今年度は、バイオインフォマティクスの基礎から応用までを理解し、
単なるツールとしての技術の習得だけではなく、
膨大な情報から新たな仮説を導くための論理を習得することを目指し、
習熟度に応じた初級コースと中級コースの2つのコースを設けました。
初級コースではデータサイエンス、生命科学、情報科学の基礎から学びたい方を対象とし、
中級コースでは基礎的内容を理解された方を対象にステップアップした講義となります。


Zoomによるオンラインとオンデマンド配信ですので、ご自身の都合に合わせて受講することができます。
受講には事前登録が必要になりますので、下記の申込先からお申し込みください。


●開講期間:【初級コース】 2021年5月29日 ~2021年7月10日 毎週土曜日 10:00~12:00
      【中級コース】 2021年9月25日 ~2022年2月19日 毎週土曜日 10:00~12:00

●配信方法: Zoomによるオンラインセミナー
      (ライブ配信とオンデマンド方式のハイブリッド)

●対  象: 社会人、研究者、学生、自治体職員等

●定  員: 90名程度(座学)
      ※実習については、新型コロナウイルスの状況を加味し、
     対面開催とするか定員数を含め改めてご案内いたします。

●費  用: 無料(Zoomの視聴環境はご自身でご用意ください)

●申込締切: 2021年5月27日(木)17:00まで (要申込)


◆申込先・詳細はこちら
 下記URLの「お申込みフォーム」にご記入の上、ご返信ください。
 → https://forms.office.com/r/kHCf5vYsvx


【お問い合わせ 】
 健康・医療産業における情報技術活用促進事業受託コンソーシアム
 一般社団法人トロピカルテクノプラス(担当: 高良)
 TEL:098-982-1100 Mail:bioinfo8731@ttc.co.jp


↓↓↓詳細は下記のチラシをご覧ください。



 






2021年3月11日
【3/26開催】沖縄県健康産業協議会オンラインセミナー開催のご案内(終了しました)


------------------------------------------------------------------------
 沖縄県健康産業協議会オンラインセミナー開催
------------------------------------------------------------------------
近年では、生化学の基礎研究だけでなく、食品や農産物の分野でも幅広く
利用されているメタボロミクスについて、食品・生物資源の付加価値向上や
ブランディングへの活用事例などを分かりやすくご講演いただくとともに、
県内産学官の方々を交えてパネルディスカッションも行います。

日時:3月26日(金)14:00~16:00
開催:Zoomによるオンライン
内容:
 ■講 演:
  メタボロミクスを活用した生物資源の機能性食品開発
  ~ワンストップソリューションとデータベース構築による付加価値向上~
  講師 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社
     事業統括本部 部長 亀谷 直孝 様

 ■パネルディスカッション
 「解析データを商品開発にどう活かすか」
  県内産学官の方々をパネラーに迎え、メタボローム解析から得られる
  膨大なデータを商品開発にどう活かせるかディスカッションします

 ■新規入会企業紹介(順不同)
  株式会社ソイルキュア、株式会社シルクルネッサンス、セルメディカ株式会社、
  ちゅらゆーな株式会社、有限会社エバ・グリーン、株式会社ケレス沖縄

 ■ブランド力協会支援プラットホーム紹介

▼お申し込みはこちら↓↓
  https://forms.gle/nZ4AcCcMXsA6FHrp6

《お問い合わせ》
 一般社団法人沖縄県健康産業協議会
 事務局(一般社団法人トロピカルテクノプラス)
 担当:伊保、渡嘉敷
 TEL:098-851-8826
 E-mail:jimukyoku@kenshoku-oki.com



 






2021年3月3日
【3/18】オールインワン蛍光顕微鏡セミナー(終了しました)

第3回バイオセンターセミナー
 (蛍光顕微鏡編 キーエンス BZ-X700)Webでつかいこなしセミナー

1台に蛍光、明視野、位相差のレンズを搭載し、明るい場所でも鮮明な蛍光観察ができるオールインワンタイプの蛍光顕微鏡は様々な分野で活用されています。
今回、(株)キーエンス様のご協力を得て、Webで使いこなしセミナーを開催いたします。

【日 時】2021年3月18日(木)
(第1部) 15:00~15:45 基本操作及び拡張機能のご説明
(第2部) 16:00~16:45 個別相談(※)


(※)希望者のみ(申込時に選択、1社 15分程度/3社程度)
希望者多数の場合は時間調整をすることがあります。

【参加費】無料

【対象】これから蛍光顕微鏡を使ってみたい方
既に装置を利用していて、他の機能についても知りたい方

【開催方法】Zoomセミナー

【申込方法】下記のフォームからお申し込みください。
申込みされた方へ、アクセス先をお送りします。
申込み〆切 3/17 17:00

【申込フォーム】
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=lZMVuX0eZ0iNNS7KjmMO605IP3PEnDhCtMXB0FYo4iJUMFcwWUJKTU9USFpCRzFIRUNTUklCVzZUNi4u

【参考】㈱キーエンスのホームページでは、BZ-X800を使って顕微鏡の用途事例 や解析手法を学ぶ顕微鏡観察ラボを開催中です。
■顕微鏡ラボ
https://www.keyence.co.jp/bz_casestudy


 






2021年2月26日
【3/4開催】医療機器ノウハウセミナーのご案内(終了しました)

 医療機器産業沖縄コンソーシアムでは沖縄県から委託を受け、沖縄型医療機器製造基盤創出事業に取組んでおります。
 新たな可能性を秘めた「医療機器ビジネス」という好機に際し、医療機器開発の発展に向けて沖縄県内の企業・人材の掘り起こしを図るべく「医療機器開発ノウハウセミナー」を開催することとなりました。
今回は新型コロナウイルス感染症対策としてZoomによるLive配信となっております。
感染の心配をせずにご参加頂けますのでご興味のある方はどなたでも参加可能です。

───────────────────────────────────────────────
「医療機器開発ノウハウセミナー」

本セミナーでは「医療器機開発プロセスのノウハウ」への理解を深めていただくために、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)専門委員を招聘し、「医療機器の特性これから医療機器を市場に出すときに考えなければならないこと」と題し、医療機器を導?する際の事例を想定し、医療機器の定義を踏まえ、実際の開発から薬事登録までのプロセスをワークショップ形式にて演習し、医療機器開発を行う場合の設計の考え方を、PMDAのRS戦略の経験から、参加者のみなさんと一緒に考えます。

【日時】    2021年3月4日(木)  15:00~17:30

【開催方法】  Zoom によるLive配信

【受講対象】  医療器機開発にご興味のある方

【募集定員】  30人(定員に達し次第申し込み締切とさせて頂きます)

【参加費】   無料

【プログラム】 下記のチラシをご確認お願いいたします。

───────────────────────────────────────────────
セミナーへの問合せは下記アドレスへお問い合わせ下さい。
md-okinawa@ttc.co.jp
一般社団法人トロピカルテクノプラス
担当:安座間、伊計、前川、伊保



 






2021年1月6日
【1/27(水)、1/28(木)開催】沖縄ものづくり技術展2020開催のお知らせ<Web開催>(終了しました)

※1/20更新
沖縄ものづくり技術展2020は、Web開催に変更となりました。
Web会場はコチラ⇒【沖縄ものづくり技術展2020 Web会場】

【開催趣旨】
沖縄ものづくり技術展2020は、県内のものづくり企業やIT企業の企業間、学術研究機関などの産学間の連携や交流を通じ、新たなビジネス・イノベーションの創出など本県のものづくり振興に繋げることを目的として開催します。今回のメインテーマを「ものづくりと環境」とし、リサイクルや廃棄物処理、環境測定、省エネルギーなどの「環境」をテーマに各分野が交流することで、課題解決のアイデアや新たな連携の創出を図ることを目指します。

1.開催概要
●主  催:沖縄県工業技術センター
●開催期間:2021年1月27日(水)~28日(木)10:00~17:00
●開催場所:沖縄県工業技術センター
●参 加 料:無 料
●開催内容:
(1)基調講演
日時:2021年1月27日(水)13:15~14:15
内容:
タイトル「沖縄の未来を開拓する地域連携型リサイクルのススメ
~沖縄の静脈物流最適化を目指した取り組みについて~」
(2)「企業展」および「沖縄県工業技術センターパネル展示」
日時:2021年1月27日(水)~28日(木)10:00~17:00
(3)沖縄県工業技術センター成果発表会
日時:2021年1月27日(水)第1部10:30~11:45/第2部15:10~16:30
(4)企業プレゼン
日時:2021年1月27日(水)14:20~15:00/28日(木)13:00~13:50
●特記事項:
今回は、「新型コロナウイルス感染症に係る沖縄県主催イベント等実施ガイドライン」に沿って、必要な感染拡大予防策を講じた上での開催を予定しています。実施することが困難と判断された場合は、web等での開催や中止となる可能性がありますことを予めご了承ください。
※開催内容に変更が生じる場合は、随時HPへ情報を掲載します。
詳しくは、4.沖縄ものづくり技術展2020<情報公開ページ>に記載のURLからご確認ください。

2.出展者
●環境関連企業/大学・研究機関、支援機関など全19者

3.来場者登録(事前登録制)
●申込方法:事前登録申込フォームよりご登録ください。
【事前登録はコチラ⇒ https://forms.gle/LLqbsmzyq1WD4oek7
登録完了後、沖縄ものづくり技術展2020運営事務局より受付完了メールが届きます。万が一、申込日から起算して3日以内(土日祝日、年末年始を除く)に受付完了メールが届かない場合は、大変お手数ではございますが運営事務局までご連絡をいただきますようお願い致します。また、ご来場の際は、受付完了メールに記載の受付番号をご持参ください。
なお、本技術展への参加にあたっては、新型コロナウイルス感染拡大予防策にご協力を賜りますようお願い申し上げます。

★協力依頼
 ①健康状態申告書の提出
 ②会場入り口の検温
 ③マスク着用※大声禁止
 ④間隔の確保(1m)
 ⑤手洗い・うがい・手指消毒の徹底
 ⑥(推奨)接触確認アプリのインストール

★ご来場前に必ずご確認ください!!
 下記項目において、ひとつでも該当する場合は、ご来場をお控えいただきますようお願い申し上げます。
 ・体温が37.5℃以上ある
 ・息苦しさや倦怠感、咳や咽頭痛などの症状がある
 ・同居家族や身近に新型コロナウイルスの感染が疑われる者もしくは濃厚接触者がいる
 ・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航並びに当該在住者との濃厚接触がある

※詳しくは、4.沖縄ものづくり技術展2020<情報公開ページ>に記載のURLからご確認ください。

4.沖縄ものづくり技術展2020<情報公開ページ>
(運営窓口)株式会社沖縄TLO ホームページ
** http://www.okinawa-tlo.com/archives/portfolio-items/o-tech2020**

【お問い合わせ先】
沖縄ものづくり技術展2020運営事務局
(運営窓口)株式会社沖縄TLO 担当:大城朋、大城里恵 TEL:098-895-1701
FAX:098-895-1703/E-Mail:o-tech2020@okinawa-tlo.com


 
 







2020年12月14日
年末年始休館のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
さて、誠に勝手ではこざいますが、当施設の年末年始休館につきまして
下記の通りとさせていただきますので、ご案内申し上げます。
今年一年ご愛顧を賜りまして大変感謝申し上げますとともに、皆様のご多幸をお祈りいたします。

年末年始休館 2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)

2021年1月4日(月)より、通常業務を開始します。
休館中のお問い合せにつきましては、2021年1月4日(月)以降に対応させていただきます。






2020年10月22日
【10月24日・25日開催】第44回沖縄の産業まつり「産学官イノベーション創出展」のお知らせ(終了しました)


一般社団法人トロピカルテクノプラスは、沖縄産学官イノベーション創出協議会との連携の下、この度「産学官イノベーション創出展」に出展するはこびとなりました。
本協議会では、沖縄地域のイノベーション創出を図ることを目的として県内の産学官関係者が参加するネットワークを形成しております。
沖縄バイオ産業振興センターからは各種サービスをはじめ、入居企業のご紹介いたします。

●サービス
入居について
現在、入居者募集中です!
バイオテクノロジーを活用した分野、もしくはこれと関連性が高い分野にたずさわる企業等をお待ちしてます。

機器利用
沖縄健康バイオテクノロジー研究センターに設置されている分析機器を特別価格でご利用いただけます。

・活動支援
産学官のネットワークを活用した様々な支援を提供させていただきます。

●入居企業一覧
※各入居企業の概要についてはこちらをクリック。
・株式会社久米電装
・先端医療産業開発拠点実用化事業共同体
・株式会社TCK
・株式会社グリーンテクノプラス
・阪神化成工業株式会社
・株式会社EM研究機構
・株式会社カタリスト琉球
・琉球ボーテ株式会社
・株式会社レゾナバイオLAB沖縄
・株式会社沖縄エージングカンパニー
・株式会社ニューロシューティカルズ沖縄
・公益財団法人沖縄科学技術振興センター
・日新製糖株式会社
・ワールド・リンク株式会社





2020年10月21日
琉球ボーテ株式会社様の商品が新聞に掲載されました


当センターに入居されている琉球ボーテ株式会社様の新商品「Skin Lover(スキンラバー)」が、
10月18日の琉球新報に掲載されました。
「Skin Lover(スキンラバー)」は、県産シークァーサー由来のノビレチン等を配合しており、
マスクの着用によるトラブルから、肌を守るミストローションとなっております。
那覇空港売店と琉球大学生協で販売しておりますので、どうぞこの機会にご購入ください。

掲載記事は琉球新報ウェブサイトにてご覧いただけます↓
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1209842.html





2020年10月9日
「医療機器設計開発ノウハウオンラインセミナー」
         および「オンラインワークショップ」開催のご案内(終了しました)


医療機器産業沖縄コンソーシアムでは沖縄県から委託を受け、
沖縄型医療機器製造基盤創出事業に取組んでおります。

新たな可能性を秘めた「医療機器ビジネス」という好機に際し、医療機器開発の発展に向けて
沖縄県内の企業・人材の掘り起こしを図るべく「医療機器設計開発ノウハウオンラインセミナー」
および「オンラインワークショップ」を開催することとなりました。
医療器機開発に従事、もしくは参入を検討している企業、県内ものづくり企業、アカデミア、
医療従事者、研究者 等多くの方のご参加をお待ちしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「医療機器設計開発ノウハウオンラインセミナー」

本セミナーでは「医療器機開発ビジネス」への理解を深めていただくために、
(一社)日本バイオデザイン学会協力のもと医療機器開発の第一線で活躍する
講師陣による講義および、米スタンフォード大学が2001年に立ち上げた
「バイオデザイン(デザイン思考をもとにした医療機器イノベーションを
牽引する人材育成プログラム)」に関する講演など、医療機器開発を様々な視点から
分かりやすく解説いたします。

【 日 時 】  2020年11月4日(水)  13:00~15:00

【開催方法】  Zoom WebinarによるLive配信

【受講対象】  県内ものづくり企業、医療器機開発に従事、もしくは参入を検討している企業、
        アカデミア、医療従事者、研究者 等

【募集定員】  100人(定員に達し次第申し込み締切とさせて頂きます)

【参 加 費】  無料  

【プログラム】 添付のパンフレットにてご確認お願いいたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「オンラインワークショップ」

〇バイオデザイン入門者向け講義
医療機器イノベーションを牽引する人材育成プログラムとして始まった
「バイオデザイン」の概要が学べます。

【日時】  2020年11月26日(木)、12月2日(水)  計2回

〇バイオデザイン中級者向け講義
これまでバイオデザインを学んだ事がある方を対象に、より深掘りした
バイオデザイン講義を行います。

【日時】  2020年12月15日(火)、12月22日(火) 計2回

【開催方法】  Zoom を使用したオンラインワークショップ

【受講対象】  県内ものづくり企業、医療器機開発に従事、もしくは参入を検討している企業、
        アカデミア、医療従事者、研究者 等

【募集定員】  各10人

【参加費】   無料

【申込締切】  2020年11月16日(月)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

セミナー、ワークショップへの問合せは下記アドレスへお問い合わせ下さい。
md_okinawa@grancell.co.jp
株式会社Grancell人材育成プログラム窓口

 
 


2020年9月24日
メディカルクリエーションふくしま2020[WEB]に出展します(終了しました)


沖縄バイオ産業振興センターは、2020年10月16日(金)・17日(土)に開催される「メディカルクリエーションふくしま2020 [WEB]」にオンライン出展します。

「メディカルクリエーションふくしま」は、福島県内外及び海外の医療機器の製品メーカーや、関連部品を製造する企業などがその技術やサービスの展示を行うほか、医療機器などに関する各種セミナーが行われます。

今年は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、従来の展示会に代えてインターネット上の特設サイト「オンライン展示情報展」にて開催されます。

特設サイトは、すでにご覧いただけますので、下記のバナーからアクセスをお願いします。

展示会名称:第16回 医療機器設計開発・製造に関するオンライン展示情報展
      メディカルクリエーションふくしま2020

会   期:2020年10月16日(金)・17日(土)10:00~16:00

会   場:メディカルクリエーションふくしま2020特設サイト

主   催:メディカルクリエーションふくしま実行委員会

参 加 料:無料

オンライン展示情報展はこちら↓↓↓

2020年9月14日
令和2年度経営多角化支援事業~飲食店・食品製造業向けサポート補助金~の補助事業者募集のお知らせ(終了しました)

令和2年度 経営多角化支援事業
~飲食店・食品製造業向けサポート補助金~



【事業概要】
 一般社団法人トロピカルテクノプラス(以下「事務局」)では、うるま市から委託を受け令和2年度経営多角化支援事業「飲食店・食品製造業向けサポート補助金」を実施致します。
 本事業では、新型コロナウイルス感染症の発生・拡大に因る社会経済状況の変化に対応し、売上げや業績の向上を目指すうるま市内の飲食サービス業、食品製造業者の新たなうるま市産品の商品開発や販路開拓等の経営の多角化や高度化を支援致します。

【対象となる事業分野
 ・飲食サービス業者
 ・食品製造業者

【実施内容】

 <補助対象事業>
  新商品及び新サービスの開発や生産性の向上や、販路開拓などに向けて実施する事業取組み

  開発期間 :採択時~令和3年1月31日
  補助額上限:150万円以内
  補 助 率:10/10(補助額額上限150万円以内)

 <支援内容>
  ①支援事業者の商品開発等に係る相談対応
  ②商品開発に係る加工・分析技術等の実機による指導
  ③商品の市場検証調査
  ④ビジネスパートナーとのマッチング支援 等

【公募・相談・提出締切】
 公募期間  :令和2年9月14日(月)~ 9月28日(月)
 相談期間  :令和2年9月14日(月)~ 9月18日(金)
 書類提出締切:令和2年9月28日(月) 17:00(必着)

【提出・お問合せ先】
 一般社団法人トロピカルテクノプラス
 〒904-2234 沖縄県うるま市字州崎 12-75 沖縄健康バイオテクノロジー研究開センター内
 TEL 098-982-1100 FAX 098-982-1101
 E-mail : uruma-takakuka@ttc.co.jp

【公募要領等ファイル】
【経営多角化支援事業】公募要領.pdf

【経営多角化支援事業】申請書様式.doc

2020年9月11日
【10/3開講】バイオインフォマティシャン人材育成講座のお知らせ(終了しました)

トロピカルテクノプラスでは、沖縄工業高等専門学校と連携して、バイオインフォマティシャン人材育成講座を開催しますのでお知らせいたします。

本講座では、第一線で活躍する先生の講義を全8回にわたって配信し、「バイオインフォマティクス技術者認定試験」合格レベルを目安をした講座を行うとともに、
「R」や「Python」を主要言語として具体的に次世代シーケンサー等のビッグデータを解析する実技講習によりスキル習得を目指します。


Zoomによるオンライン配信により受講(座学のみ)できますでの、この機会にぜひご参加ください。

開講期間: 2020年10月3日~11月21日 毎週土曜日 10:00~12:00

配信方法: Zoomによるオンラインセミナー(一部、オンデマンド方式のハイブリッドを予定)

対  象: 社会人、研究者、学生、自治体職員等

受講料 : 無料(Zoomの視聴環境はご自身でご用意ください)

申込〆切: 2020年10月2日(金)16:00まで (要申込)

お申込み方法
添付のチラシの「お申込みフォーム」にご記入の上、FAXもしくはメールにてお送りください。
※メールでお送りの際は、件名に「BI講座申込」を記載しお送りください。

お問い合わせ
健康・医療産業における情報技術活用促進事業受託コンソーシアム
沖縄工業高等専門学校 研究連携推進室(担当: 城間)
TEL:0980-554070
FAX:0980-55-4012
Mail:s.yoshi@okinawa-ct.ac.jp


詳細・お申し込みはこちらをご覧ください↓↓↓
 

2020年5月21日
沖縄バイオ産業振興センター 感染症拡大予防ガイドラインの作成について

当センターでは、5月11日付で沖縄県から通知がありました「沖縄県新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドラインの作成について」を受け、 沖縄バイオ産業振興センター感染症拡大予防ガイドラインを作成いたしました。

今後とも、持続的な感染予防対策を行って参りますので、ご利用者の皆様のご協力、ご理解をよろしくお願いいたします。


沖縄バイオ産業振興センター 感染症拡大予防ガイドライン
【当センターでの取り組み】

  1.清掃・消毒
   ● センター正面玄関入口等にアルコール手指消毒液を設置
   ●共用部や会議室のテーブル・椅子・ドアノブ・照明スイッチ・窓の取手、階段の手すり、
    エレベーターボタン等をアルコール消毒液で清掃

  2.トイレの利用について
   ●各トイレに水石鹸を設置
   ● トイレの蓋を閉めて汚物を流すよう掲示

  3.会議室等の利用について
   ●利用後は、テーブル・椅子等をアルコール消毒液で清掃し、入口ドアや窓を開け換気
   ● 3密を回避するため、会議テーブル、椅子のレイアウトを変更

  4.センタースタッフ・来客対応について
   ● スタッフの体温・体調確認
   ● スタッフのマスク着用
   ● スタッフの手指消毒徹底
   ● 管理事務所入口に飛沫防止用の透明ビニールシートを設置


2020年4月10日
新型コロナウイルス感染拡大防止に関するお願いについて


沖縄バイオ産業振興センターでは、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、
ご利用の皆様へ以下のご協力をお願いいたします。


1.手洗い、手指消毒、マスク着用等の感染症予防対策をお願いします。

2.正面玄関等に消毒用アルコールを設置しておりますので、入館の際はご利用ください。

3.体調に不安のあるかたは、くれぐれもご無理なさらないようお願いいたします。
  万が一、発熱・咳・関節痛などをはじめとする体調が不調な場合は、
  あらかじめ医療機関での受診をお願いいたします。


センターご利用のみなさまのご理解とご協力、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ先

当センターへのお問い合わせは、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。

098-923-1768